自立する為にカードローンを利用したエピソード

社会人として働いていますが、自立する為に一人暮らしをしようと思い、まとまったお金が必要になった事からカードローンを利用する事にしました。

毎月の給料では浪費が激しく、なかなか貯める事が出来ずにカードローンで20万円ほどお金を借入しました。両親にお金を借りる事も考えましたが、自分の力で生活したかった事と年齢的にも両親にお金を借りる事はしにくかった事、カードローンであれば誰にもバレずにお金を借りれる事の3つで決めました。

申し込みは郵送で行いましたが、時間はある程度かかりました。書類が相手に届いてからの電話のやり取りを行い、郵送は免許証のコピーと社会保険証のコピーと住民票のコピーを送りましたが、事前に準備していたこともあり問題なく審査が通りました。

カードローンの利用は初めてでしたが、特に違和感も不安感もなく利用する事が出来ました。

郵送で申し込みを行い、実際にカードローンを利用してみて感じた事は、お金がないときに誰にも気兼ねなく、迷惑をかけずにお金が借りれる事で、利便性の高さを感じました。

無事に引っ越しが出来て、自立した生活が送れるようになりました。返済は自分のペースで行えるので、月に1万円から3万円まででコツコツ返済しています。

このページの先頭へ